手取り20万が10年後にサイドFIREできないか本気で考えてみた

こんにちわ。こんばんわ。

仕事してますか?もちろん私は仕事してますよ。
今、私は40才なんですがあと30年も仕事するなんて耐えられない!
なんとか10年ぐらい仕事して、あとは週2,3日仕事しながら日本のいろんなところに旅行に行ったりしてみたい。平日に旅行いけたら安いし!

それに子供も授かることができなかったので、こうなったら夫婦二人で残りの人生を思いっきり楽しみたい。子供を育てる楽しみがもらえなかった分、自分たちの人生を思いっきり楽しみたい。神様!それぐらいのご褒美ください。

というわけで、なんとかならないか考えていきますよー。

現在の資産はいくらあるか

まずは、今現在(2021年8月23日現在)の資産がいくらあるか確認してみましょう。

現金 553万円
株式・投資信託 338万円
生命保険解約金 223万円
合計 1,114万円

約1,100万円ありました。

これから10年でどれぐらい資産が積み上がるか

現金は生活防衛資金として200万円は残すつもりです。株式・投資信託へは毎月5万円程積立投資していきます。そして株式・投資信託は3%ぐらいで運用できると仮定して計算してみます。

現金 200万円
株式・投資信託 1160万円
生命保険解約金 380万円
合計 1,740万円

約1,740万円になる予定です。

1740万円ポッチではサイドFireも無理そうだなー

諦めずに考えていきましょう。

今の生活スタイルで毎年どれだけお金使いそうか

住居費 ¥550,000
電気代 ¥70,000
水道代 ¥20,000
ガソリン代 ¥100,000
携帯電話 ¥20,000
インターネット ¥72,000
生命保険 ¥130,000
自動車保険 ¥30,000
車税積立 ¥60,000
火災保険積立 ¥60,000
固定資産税積立 ¥120,000
食費 ¥250,000
車検 ¥100,000
医療 ¥40,000
衣服 ¥50,000
小遣い ¥160,000
交通交際費 ¥250,000
冠婚葬祭 ¥50,000
家具家電 ¥200,000
お祝い ¥50,000
合計 ¥2,382,000

この10年の家計簿を見たところ、平均すると、これぐらいのお金を1年間で使う感じです。

セミリタイアするなら省ける費用を見つける

セミリタイアするのであれば車は軽自動車1台にします。そして、生命保険も止めます。
そうすると、ガソリン代と車検代は普通車1台分減るので、1/3ぐらいになります。

住居費 ¥550,000
電気代 ¥70,000
水道代 ¥20,000
ガソリン代 ¥33,000
携帯電話 ¥20,000
インターネット ¥72,000
自動車保険 ¥15,000
車税積立 ¥20,000
火災保険積立 ¥60,000
固定資産税積立 ¥120,000
食費 ¥250,000
車検 ¥33,000
医療 ¥40,000
衣服 ¥50,000
小遣い ¥160,000
交通交際費 ¥250,000
冠婚葬祭 ¥50,000
家具家電 ¥200,000
お祝い ¥50,000
合計 ¥2,063,000

約206万円ぐらいになりました。これぐらいが余裕のある生活でしょうか。

1,700万円の4%は68万円

とりあえず、生命保険の解約金を全世界株式にぶっコンどいて、4%で取り崩していくとすると、68万円を金融資産からいただけます。

1年間で138万円稼ぐにはどれぐらい働けばいいのか

毎月11万5000円稼ぐことができれば、138万円になります。夫婦共働きなら5万7500円です。これぐらいならば、週3日働けば稼げそう。農家の友人のところでアルバイトすればいい気がする。自由も効くし。

本気で節約と人脈使えばサイドFireできます

どうやら覚悟があれば、10年後にサイドFireはできます。まぁ小心者なのでしないと思いますが。あくまで、仮定で計算してみただけなので、この通りにいくわけではないでしょうが、逆にどうとでもなるんだなと思いました。仕事が人生のすべてではないので、好きに人生を楽しむことにします。

資産運用
スポンサーリンク
korioをフォローする
手取り20万のお金と健康の話

コメント