手取り20万の家計簿!1月~7月までの収支は金余りでした。

こんにちわ。こんばんわ。

今年も7月まで終わりました。ここで一度、今年の収支状況を把握してみたいと思います。
それではご覧ください。

収入 1,971,135円

給与(手取り) ¥1,498,421
賞与(手取り) ¥358,828
太陽光売電収入 ¥113,886
合計 ¥1,971,135

支出 1,366,473円

住居費 ¥327,845
電気代 ¥32,437
水道代 ¥10,280
積立NISA ¥288,717
ガソリン代 ¥30,410
携帯電話 ¥1,231
インターネット ¥47,034
生命保険 ¥69,783
車検 ¥171,326
車税積立 ¥35,000
火災保険積立 ¥35,000
固定資産税積立 ¥70,000
食費 ¥110,688
医療費 ¥7,784
衣料費 ¥7,869
小遣い ¥49,000
交通交際費 ¥12,754
冠婚葬祭費 ¥2,699
家具家電 ¥29,414
家祝い ¥25,202
自治会費 ¥2,000
合計 ¥1,366,473

収支は+604,662円です

今年は車検があって支出が多くなっていたのですが、7ヶ月の収支は60万円ほどありました。これは賞与込の値段ですが、賞与がなかったとしても24万円ほどのプラス収支になります。また、積立NISAへは28万円ほど投資しているので、実質余っているお金は88万ほどになります。

今年は収入の半分のお金で生活できているようです

どうやら今年の我が家は収入の半分で生活できているようです。かなり金余りの状況です。ただ、これをすべて投資に向けると精神的にきつく感じてしまいますので、あとは最近始めたiDecoぐらいで投資は控えておこうと思います。

手取り20万でも工夫をすれば収入の半分ぐらいは貯まるようです。最近は食費が優秀だなと思います。毎日料理を考えてくれる妻にはほんとうに感謝です。

節約してお金貯めたい人へ

半年の家計簿を見て思ったのは以下の3点が優秀だったと思います。

  • 携帯電話料
  • 小遣い
  • 食費

恐らく何も考えていない家庭であればこの3点の出費は半年で42万円ぐらいになるのではないでしょうか(携帯:1万、小遣い:3万円、食費:3万円、毎月合計7万円)。

それが我が家だと半年で14万円ぐらいです(携帯:1200円、小遣い:7000円、食費1.5万円、毎月合計2.3万円)。

この差は大きいので、頑張ってこの出費を減らしてみてください。

家計 資産運用
スポンサーリンク
korioをフォローする
手取り20万のお金と健康の話

コメント