1年以上右膝が痛い。病院行っても治らないので自分でなんとかすることにした

こんにちわ。こんばんわ。

突然ですが右膝が痛いです。もう1年以上痛いです。これまで怪我とはほぼ無縁の人生でした。これが40才になることなのかとしみじみ感じています。

人生100年時代。あと60年も右膝が痛いとかです。なんとかしたいので、その記録を残して行きたいと思います。

どんな症状なのか

右膝が痛いといっても常に痛いわけではありません。次のようなときに痛いです。

  • 右足で踏ん張ったとき
  • ずっとあぐらしてて足を伸ばしたとき
  • ずっと立っていて足を曲げたとき

なので、歩いたりちょっと小走りした程度では痛くはないので、日常生活に大きな支障があるわけではないです。

病院の診断は

私は不調があればすぐに病院にいく方なので、病院で診察を受けております。

  • レントゲン検査では異常なし
  • MRI検査でも、これといった異常はない
  • 軟骨もすり減ってない
  • 半月板も損傷してない

結論としては大きな異常は見受けられませんでした。ただし痛みはあるし、ちょーっと半月板に傷があるようなないような?ということで「変形性膝関節症」ではないかという診断結果です。

□変形性膝関節症とは
まぁ膝が痛いとなったときに挙がる症状としてメジャーなものです。軟骨が、加齢や筋肉量の低下などによりすり減って、痛みが生じる病気です。

病院でされた処方は

  • ヒアルロン酸注射
  • 効き目の強い湿布薬(ロコアテープ)

以上の2点を処方されました。

ヒアルロン酸注射を2度しましたが、特に効果は感じられませんでした。

湿布薬は効きます。痛みが緩和されます。さすがに市販されていない効き目の強い湿布薬です。
なんせ、この湿布薬は膝専用です。膝以外に使わないでくださいと注意書きのペラ紙もついてました。ただ、いかんせん肌が荒れます。長期間利用するのは避けたいです。

自分で原因を考える

自分の体なので、ちょっと自分で原因を考えたいと思います。

まずこちらをご覧ください。

私の足ですが、見事にえげつないO脚です。なんか物心ついたころにはこの脚だった気がするんですが、やっぱりO脚は膝によくないようです。
次にこれです。

左足と右足を比べると右足が右側へ傾いてます。

この2点から考えるに私の右足は結構な負担を抱えていると思われます。

□結論
たぶんO脚が原因じゃないかな

O脚を改善するために

ということでO脚をなんとか改善させたいと思います。考えつく方法はこの2点。

  • ストレッチ
  • 整体へ通う

整体へ通ってみたいところではありますが、なんというかお金もかかるし変なところに行ってしまうと悪化するのではないかと不安です。なので、とりあえず1ヶ月はストレッチをしてみようかと思います。ただ、ストレッチも調べてみると効果は微妙っぽいですけどね。

まとめ

O脚もそうですが、股関節も硬いのでそれもストレッチしていきたいと思います。
残念ながら中年になってしまったようです。とにかく毎日少しずつストレッチしていきます。

 

健康 雑記
スポンサーリンク
korioをフォローする
手取り20万のお金と健康の話

コメント