手取り20万は投資におけるリスクについて正しく理解した

こんにちわ。こんばんわ。

投資を始めてからリスクという言葉をよく聞きます。リスクというと『危険』という認識しかないのですが、どうやら投資の世界では『振れ幅』のことをリスクと呼ぶようです。いわゆる標準偏差というやつです。

例えば平均リターン3%でリスクが4%だとこうなります。

参考:肥後銀行>ためる・ふやす>投資信託>リスクをしっかり理解しよう

これを元に私が積立NISAで軸として購入している『eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)』でシュミレーションしてみたいと思います。

まず、『eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)』は設定から3年ぐらいしか経過してないので、この投資信託から得られるデータでは信憑性がすくないです。ここは連動している『MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス (ACWI)』からデータを取ってきます。

とりあえず、過去30年のデータではリターンが+7.5%リスクが17.7%になってます。

計算は「明治安田アセットマネジメントの投資シュミレーション」で行ってみます。

平均的な場合で投資792万円に対して評価額は1543万円になるようです。ここで、リスクの%が高くなればなるほど沢山のお金を得られる場合がありますが、元本割れの可能性が高まります。たとえば同じ条件でリスクだけ50%にするとこうなります。

上位10%のときに得られるお金は多くなりますが、元本割れする可能性が50%になります。

これがリスクとリターンのバランスを見て投資商品を選べってことなのですね。でも最近はいろいろなシュミレーションサイトで簡単に計算してくれるので、本当に選びやすくなりましたよね。

今回はとにかく積立NISAで『eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)』に投資して問題ないなということがわかりました。

資産運用
スポンサーリンク
korioをフォローする
手取り20万のお金と健康の話

コメント