積立NISAで20年運用とは?20年後暴落したらどうする問題

こんにちわ。こんばんわ。

積立NISAしてますか?このブログをご覧ということは少なくとも興味はもってますよね。積立NISAを始めてちょうど20年後に暴落したらどうしようと不安がありますよね。私と一緒に、積立NISAの20年運用について考えてみましょう。

NISAとは

何度も説明されてすり潰されていますが、簡単にいうとNISAとは運用益が非課税になる制度です。大事なのでもう一度いいますが、非課税になります。通常は運用益に対して約20%の税金がかかりますので、株式や投資信託購入して10万円の利益がでたら、2万円は税金として取られます。まぁ運用益20万円以下は確定申告しなくていいので、まるまる利益もらえるんですけどね。

話はそれましたが運用益が出ていれば出ているほど、NISAはお得な制度になります。そしてNISAには一般NISAと積立NISAの2つが存在しており、どちらかしか選べません。違いと簡単にまとめると以下の通りです。まぁ非課税期間と年間に投資できる金額が違うことを知っていれば良いと思います。

非課税期間 年間投資枠 投資できる商品
一般NISA 5年 120万円 日本株・外国株・投資信託etc
積立NISA 20年 40万円 金融庁が厳選した投資信託

積立NISAの20年の非課税期間について

積立NISAの20年の非課税期間について、よく理解してない人がいるような気がします。私も最初勘違いしてました。

とにかく20年が一人歩きしているので、積立NISA口座を開設した年から20年後にその非課税期間が終了するようなイメージがあります。でも本当は毎年の購入分に対して20年の非課税期間なので、正しく以下のようになります。

参考:金融庁 つみたてNISAの概要

20年間後に積み立てたものについては、そこから19年間非課税期間が続きますので、口座開設してから最後までとなると40年間付き合うことになります。下手な夫婦より長い付き合いです。

20年後暴落してたらどうしよう問題

よく、積立NISAの非課税期間が終わった20年後に暴落したらどうしようという問題が取りだたされます。その場合は取り崩し額を減らすとか、取り崩さないとか色々な話があります。

ただ、よく考えたら、最初の1年目に購入した40万円分をどうしますか?ってことになるんですよね。積立NISAしてる人達って私も含めてですが、全米株式や全世界株式にまるっと投資する投資信託購入してると思うのですよ。それであれば多分ですが20年後に暴落があっても1年目の購入分については利益出てると思います。なので、慌てず騒がずその40万円分についてどうするかを考えたらいいと思います。何百万円という大きな金額について考えちゃうとパニクるので、細かく考えましょう。

4%ルールで取り崩す

全世界株式に投資しているのであれば、おそらく20年後の時点で評価額は1800万ぐらいにはなっているのではないかと思われます。それで計算してみましょう。

  • 30%暴落したら評価額は1260万円になる
  • 1260万円の4%は50.4万円
  • 1年目の評価額は暴落前で160万円ぐらい。30%暴落したら112万円ぐらい
  • 1年目の運用益は112ー40=72万円

4%だけ売却した場合は1年目の運用益を超えないので、非課税枠を最大限には使えません。
暴落前の評価額1800万円の4%は72万円になるので、この場合だと72万円売却して残り40万円はそのまま運用し続けるのがよいかもしれません。

まとめ

わかったことは20年後の暴落は気にする必要はないということでした。そもそも取らぬ狸の皮算用ですし。NISAの制度も20年もすればブラッシュアップされていい非課税枠の拡充など、いい方向へ変更されているかもしれません。これからもできることは色々なところから情報を得て勉強して、知らなかったから損しましたということにならないようにしていくことが一番です。一緒に小金持ちになりましょう。

 

資産運用
スポンサーリンク
korioをフォローする
手取り20万のお金と健康の話

コメント