Nationalのドライヤー15年使ったので、Panasonicのドライヤー(EH-NE5E-N)を買いました

こんにちわ。こんばんわ。

私達夫婦はふたりとも物持ちがとても良いです。家電なんか10年単位で使っています。一番長寿な家電は扇風機で20年使ってます。
その次はドライヤーで15年使っていたのですが、このたび、新しいドライヤーに買い替えることにしました。

これが使っていたNationalの2006年製のドライヤーです。替えることにしましたが、壊れてはいません。

そしてこれが、新しく買ったPanasonicのドライヤー(EH-NE5E-N)です。
3日ぐらい使ったので、ちょっと15年前のドライヤーとの違いをレビューしたいと思います。

金額

Nationalのドライヤーは15年前なのでよく覚えていませんが、3000円ぐらいだったと思います。新しく買ったPanasonicのドライヤーは4,159円でした。ちょっと高いのを買いましたね。

重量

これはPanasonicの方が重いです。髪乾かしてたらちょっと疲れますもん。

風量

最近のドライヤーは風量を売りにしてますからね。断然Panasonicの方が強いです。ただし、風の当たり方はNationalは面に対してあててるのですが、Panasonicは点についてくる感じです。ホースを絞った感じですね。だから風が強いみたいです。

乾かす時間

やはり新しいドライヤーの方が早いですよね。何が早いかっていうと地肌から乾かすのが早い。風が強く集中した風の束が当たる感じなので、地肌まで風がきちんとあたるんですよ。

マイナスイオン

15年前のドライヤーもマイナスイオンはでる機種でした。今回のもマイナスイオンでますが、結局のところよくわからないですね。サラサラになっているような気もします。

まとめ

約4000円でしたが、悪くない買い物だったのではないでしょうか。ドライヤーも高級なものは4万円とかします。でも、そもそもが風を出すという単純な機械なんで、そういったものに高い金額を払う必要はないんじゃないかと改めて思いますた。

雑記
スポンサーリンク
korioをフォローする
手取り20万のお金と健康の話

コメント