太陽光発電は元を取れているのか

こんにちわ。こんばんわ。

新築するときに屋根にPanasonicの太陽光パネルを載せて、太陽光で売電収入を得ています。新築から5年経過しますが、太陽光の設置額を回収できているのかここらで確認してみたいとおもます。

まず、建築費ですが約200万かかりました。
売電額ですが、10年間は1kw=37円で売却できる契約になっています。

2015年6月から売電が始まってますので、2021年2月で5年8ヶ月になります。それでは各年の合計売電額を見てみましょう。

2015年 162,911円
2016年 210,369円
2017年 210,863円
2018年 209,457円
2019年 191,808円
2020年 194,348円
2021年 28,823円
合計 1,208,579円

5年8ヶ月で約120万になりましたので、おそらく10年あれば200万は超えそうです。なんとか元は取れるようです。私の住んでいる地方は雪も降らず、晴れも多い方なので発電量は多い方なので、元はとれそうですが、雪の多い地方は絶対に元は取れないですね。また、最近は売電金額も安くなっているようなので、ますます厳しいのではないでしょうか。

結論としては補助金がないのであれば太陽光設置でお得になることはないので、お得ですよと言っている業者があれば詐欺を疑ってください。

雑記
スポンサーリンク
korioをフォローする
手取り20万のお金と健康の話

コメント