手取り20万ではもらえる年金が少なかった問題

こんにちわ。こんばんわ。

厚生年金(国民年金分含む)の月々の平均受給額は、「男性の平均支給額が約16万6,000円」、「女性の平均支給額が約10万3,000円」、「全体の平均では約14万7,000円」となっています。
参考:厚生労働省「平成30年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」

こういうのをいつも見てましたので、自分も年金これぐらいもらえるものだと勝手に思ってました。

本日、ねんきんねっとのログインIDなどが届きましたので、実際に試算してみました。

65歳支給開始だと月額117,445円

 

なんか思ってたのと違う。。。これに妻の分を足しても、おそらく月17万ぐらいかな。。。
まぁ、17万あれば、今でも暮らしていけなくわないですけどね。
これが俗にいう「老後2000万問題」なんですね。それまでに資産形成をしておかなければならないことを痛感させられました。

ちなみに70歳支給開始だと166,773円

 

支給年齢を5年引き下げれば月額5万円増えます。これだけもらえるのであれば、生活に余裕がでますね。最近は65歳まで働けるようになってきているので、70歳までは貯めていた資産で生活していき、70歳から年金をもらっていくのが最適解かもしれませんね。

しかしながら、私は「なるべく働きたくないでござる」なので、60歳から年金もらいながら、優雅に過ごすにはどうすればよいか考えます。

60歳からの支給額は82,212円です

※支給年齢は60歳~65歳までになってますが、65歳以降も同じです。
妻の年金額は考えずにいきますと、現状の我が家の1ヶ月の生活費は月額20万あれば大丈夫です。優雅な生活となると、+10万もあればいいと思うので、月額30万必要ということで試算してみたいと思います。

300,000円ー82,212円(年金月額)=217,879円
217,879円✕12ヶ月=2,614,548円
ということで、年額2,614,548円必要です。

30年生きるとしたら
2,614,548円✕30=78,436,440円が必要

インデックスファンドの現実的な年率5%で20年運用してこの金額を得ようと思ったら。。。。

 

 

 

 

毎月190,827円は無理でーす。

まぁまぁ、これは60歳のときに持っている金融資産をまったく運用せずに取り崩していくときに必要な金額です。辛めに見積もって3%で運用と仮定して、毎月22万の取り崩しでどれだけの資金が必要か計算します。

 

 

 

 

 

5220万円必要ですが、約2600万円も必要額が減りました。
それでは年率5%で20年運用した場合、毎月どれぐらいの金額で5220万円貯まるか確認しておきましょう。

 

 

 

毎月、126,997円必要ですが、不思議なもので、なんかいけそうな金額に見えてきますよね。これでも、十分厳しいですけど。

今回は現在の収入条件が60歳まで続いて、その後は年金も含んで毎月30万円で優雅に暮らしていこうというシュミレーションでした。そもそも30万/月が優雅と感じなければ成り立たないですが、今よりもう少し収入増やして、倹約していけば、目指せそうではある数字でしたので、これからも投資や副業など頑張っていこうと思いました。

保険 家計
スポンサーリンク
korioをフォローする
手取り20万のお金と健康の話

コメント