今年の予算を決めよう

こんにちわ。こんばんわ。

今年も始まってそろそろ1ヶ月が経過します。
お金を貯めたければ企業も家庭も予算をまず決めねばならぬということなので、
本年の家計予算を立てたいと思います。

その前に全国平均を知っておきたい

何事も相場を知らねばなりません。そのために全国平均を調べましょう。
下記は二人世帯の1ヶ月の平均生活費です。

項目 平均生活費/月
飲食費(外食費、酒代含む) 66,525円
住居費(寮、社宅、実家暮らし含む) 16,611円
電気代 9,654円
ガス代 4,488円
他の光熱費 1,359円
水道代 4,098円
家具・家事用品 10,357円
被服および履物 8,156円
保健医療(医薬品、医療サービスなど) 14,377円
交通費 23,978円
通信費 10,730円
教育費 398円
教養娯楽費 26,249円
その他(諸雑費、小遣い、交際費、仕送りなど) 59,653円
支出合計 256,632円

参照:家計調査(家計収支編)総世帯・詳細結果表(2019年)表4|総務省統計局

なんと全国平均は256,632円!無理です先生!うちにそんな金はありません。
とりあえず、この支出だとうちの月収を遥かに超えております。平均はなんの参考にもならなかったと改めて実感できたので、よしとします。

まずは固定費を算出

とりあえず、絶対必要な固定費(住居費や携帯代など)を算出します。

項目 生活費/月
住居費 44,562円
携帯電話 6,000円
インターネット 6,000円
車税積立 5,000円
火災保険積立 5,000円
固定資産税積立 10,000円
生命保険 10,000円
積立NISA 33,333円
固定費合計 119,895円

固定費のポイントは貯蓄や投資なども勘定に入れておくことです。
とりあえず、固定費の合計は119,895円になります。

つぎに変動費を算出

変動費は変動するだけあって決めるのが難しのですが、今回は昨年の支出から1ヶ月平均を算出します。

項目 生活費/月
食費 17,700円
電気代 4,700円
水道代 1,570円
ガソリン代 4,900円
日用雑貨 700円
医療費 2,000円
衣料費 1,700円
小遣い 9,200円
交通交際費 3,500円
特別費 9,200円
変動費合計 55,170円
我が家の予算が決まりました

固定費(119,895円)と変動費(55,170円)がでましたので、この2つを足して
175,065円が我が家の1ヶ月の予算、✕12ヶ月で2,100,780円が年間予算になります。

昨年の手取り収入が約299万なので、予算通りにできれば約89万円残る計算になります。
固定費の中に積立NISAは組み込んでますので、残りの金額をNISAの運用へ回せるように
取り組んでいく所存です。
合計約140万円を投資に回すとなると収入の43%となります。
自分で計算してみてビックリです。セミリタイアも近づきそうです。

雑記
スポンサーリンク
korioをフォローする
手取り20万のお金と健康の話

コメント