手取り20万は生命保険がいらない

こんにちわ。こんばんわ。

前回、NISAの投資額を増やすために家計の削減に踏み込むことを決めました。
で、いろいろ勉強したところ(特にリベ大ですが。)我が家は民間保険かけすぎ問題が
あることに気づかされました。

支払い額36万円

我が家はプルデンシャル生命保険を利用しており、内訳は以下のとおりです。

終身保険(ドル建て) 約10000円
貯蓄型保険(ドル建て) 約10000円
収入保障保険 約5000円
医療保険(自分用) 約3000円
医療保険(妻用) 約3000円
合計 約31000円

なんと毎月31000円、年間36万円もの金額がかかっていました。
冷静に考えるとどえらい金額払ってるなと戦慄がはしりました。
先に申し上げるとプルデンシャル生命の我が家の担当はとても良い人です。
金融にも詳しいですし、無駄に保険をかける必要はないと言われてました。
でも、仕事ですからね。まったく保険はいらないとは言わないですよね。

日本の皆保険制度は世界最強クラス

サラリーマンの皆さんは健康保険と国民年金(&厚生年金)に加入してますよね。
この制度、実は世界最強クラスのようです。
高額医療制度もあるし、遺族年金制度もあります。
私の収入であれば1月の上限医療費は57600円になり、ある程度の貯蓄があれば問題ないです。
また、しばらく仕事できなくても傷病手当で1年6か月給料の2/3が支払われるので、さらに問題
ないですよ。
やっぱり制度についてよく理解していないと謎の不安を抱えてしまいますね。

プルデンシャル生命は解約です

夫婦二人ぐらしの我が家では民間保険は不要との結論になりました。
しかしながら、団信に加入してない住宅ローンの残債があり、かつ解約すると
払戻金が元本の8割ぐらいになるので、終身保険(ドル建て)はそのまま残すことに
決めました。ただし、これもあと10年以内には解約予定とします。

年間24万円の投資資金捻出に成功

やりました!年間24万円の投資資金捻出に成功しました。
そして貯蓄型保険の解約金約160万が入りますので、来年(2022年)のNISA投資金も
捻出できました。これは当面楽天銀行に置いておきます。
楽天銀行は利息が0.1%といけてる銀行です。
※ただし、楽天証券を開設して連携の設定をしないとだめ

普通の家庭では保険に入っていることが普通になっています。
給与収入が多いわけではない我が家が普通の家庭と同じことしてたら
準富裕層(普通ではない層)になれるわけないですよね。
普通、普通うるさいですが、これからも無駄をとことん省いて
目標に向けて目指していきます。

保険 資産運用
スポンサーリンク
korioをフォローする
手取り20万のお金と健康の話

コメント