手取り20万は年金の利回りを計算してみた

こんにちわ。こんばんわ。

会社勤めのみんなーー厚生年金払ってるよね。若い頃は少子高齢化で年金もらえないんでしょ。天引きするのやめてくれないって思ってました。
今は、いろいろ知識を蓄えたからそんなこと思ってないよ。日本の年金制度サイコーです。

ところで、年金ってよくよく考えたら積立NISAみたいな投資商品みたいですよね。しかも長生きすれば元本割れもなさそう。ちょっとどれぐらい生きれば元本割れしないのか確認と利回りも計算してみたいと思います。

前提条件
    1. 年金は38年間(480ヶ月)支払
    2. 受取は65才から
    3. 全期間、月収25万、賞与25万×2で計算

 

38年で支払う厚生年金の総額は

毎月の厚生年金支払額=21,960円
賞与の支払額=22,725×2=45,450円
1年間の支払額=308,970円
38年間の合計=11,740,860円

なんか計算してみたら1200万ぐらい払うんだ。。。計算しやすいように給与の上下はないようにしたから、実際はもっと払うのかもしれない。あらためてすごい金額だな。
余談だけどこれだけの金額支払ってるなら民間保険いらないよね。

65歳から10年間もらった場合

くわしくはこちらの記事を参照してもらいたいですが、平均年収350万の場合、もらえる年金は月額約12万3000円です。

手取り20万が考える一から始める投資戦略
こんにちわ。こんばんわ。 全国の手取り20万で生活している皆さん、きちんと投資できていますか?私も31才から40才までの10年間は手取り20万どころかそれ以下で生活していたので、うまく投資はできていませんでした。ただ、ここ2年ぐらいで...

積立で1476万円になる利回り

年額は147万6000円になりますので、10年間でもらえる年金総額は1476万円になります。とりあえず、元は取ってる。すごい投資商品だ。

積立シュミレーションで利回りを計算してみます。なお、賞与分は12で割って毎月の金額に組込んで毎月25700円を積立ているとして計算しました。

一番近い金額がこれでした。利回りは1.1%になります。ちょっといい社債ぐらいの感覚でしょうか。

元金1174万円を取り崩したときの利回り

38年間で支払った1174万円を毎月12万3000円で10年間で取り崩して資金が枯渇しないようになる利回りを計算します。

利回りは4.8%になります。ちなみに1%だと8年ぐらいで資金がなくなります。

65歳から20年もらった場合

積立で2,952万円になる利回り

20年になると総額は2,952万円になります。単純に倍です。では利回りを計算してみましょう。

利回りが4.3%になりました。優良なインデックスファンドぐらいの利回りですね。

元金1174万円を取り崩したときの利回り

利回りは11.3%必要です。なかなか難しいですよこれは。

65歳から30年もらった場合

積立で4,428万円になる利回り

もらう金額は4,428万円です。家が買えますね。さぁ利回り計算です。

6%ですね。S&P500ぐらいのリターンでしょうか。

元金1174万円を取り崩したときの利回り

12.3%ですか。もう20年と1%ぐらいしか変わらないけど、長期間になると1%の差がエグいんだな。

最後に100歳までの45年間もらった場合

積立で6,642万円になる利回り

もらう金額は6,642万円です。利回り計算やってみっぞ。

7.5%となりました。これもS&P500ぐらいのリターンですね。

元金1174万円を取り崩したときの利回り

もうり利回りが12%超えてくるといつまでたってもお金減りませんからね。こうなりますよね。

まとめ

当然の結果というか長く生きれば生きるほど利回りは高くなっています。年金受給を初めて8年以上生きることができれば、元本保証です。かつ強力な保険商品ですので、最強の金融商品ですね。

改めて考えてみると、年金レベルの金額を60歳も超えて用意するなんて無理ですよね。また、若い頃から準備しておくのも難しい。やはり、年金を未納にするという選択肢はないということですね。ただでさえ少ない給与から多く抜かれていく印象が年金にはありますけど、嫌がらずに将来の自分のためにきちんと支払っていきましょう。

資産運用 雑記
スポンサーリンク
korioをフォローする
手取り20万のお金と健康の話

コメント